実戦練習と支えと感謝

監督の遠藤です!
今回、知り合い主催のフットサルゲームにチーム参加しました。
【感想】
チーム参加して…
ものすごくゆるゆるとは言えソーシャルと一般のレベルの違いを感じれて、DFがガチで来ないから練習にはもってこいの時間。個サルじゃなく『チーム』としてどうやって動くかを考え視野が学べる、良い機会でした。足りない部分と出来る部分がよりわかったのもあり、これから少しずつ覚えていつか必ず出来ると安堵したかな。実戦でやったアレ(秘密)が少しでも体感出来たのは本当に良かった‼
〈フットサル〉と〈チーム〉の2つを学ぶメンバー、悩んで当然なので一歩ずつ成長していこうね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【感謝1】
これからも一緒にヴァローを支えてくれる県リーグ選手の藤井さんが加わり、より一層指導に厚み出て楽しみ!
元々私は県リーグ選手時はピヴォとフィクソで監督がとにかくOF特化してて、藤井さんはDF専門で、両方からの点で教えていける環境になった。そして、臨床心理士でもあるので心強い。色んなアプローチやコーチングで、チームを盛り上げてもらいましょー。
【感謝2
そして、今回参加した所のフットサル主催者が、いつでもチーム参加で来るようにと言ってくれた。話しかけた時のメンバーの笑顔が心から嬉しかったようで「主催者としてこういう催しをやってて良かった瞬間で冥利に尽きる。上達の為に実戦練習としておいで!」、そう言ってくれて感激。しかも場所提供も視野に考えて動いてくれるそう。ヴァローチームの為に何が出来るか応援の形。
【感謝3】
今居るコーチも、ソーシャルチームを応援の為に初めから支えてくれてる。一般とソーシャルを混ぜたチームを理解して、偏見や隔たり関係ない〈普通の関係が当たり前〉になるように周りへの行動示したり対応してくれてる。仕事上ですごい立場の人なのに、友人として長年一緒に居るが、あんなコーチは見たことがない。すごく頑張ってくれて、いつも監督のわがままに振り回されてます(笑)、ありがとう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
チームに少しずつ応援と支えの和が広がっていく実感と感謝と何とも言えない気持ちで心が暖かい日。
メンバーに出来る限りをしたい私の考えが理解される嬉しさ。
人として相手を信頼し誠意持って関わりブレない信念に努力してると、いつの間にか素敵なお話が舞い込んでくるものなんだなぁと思いました。本当にありがたいことです!
いつかヴァローが活躍してメンバーが笑顔で報告出来るのが、支えてくれる方々へのお礼になるのかと考えてます。
という訳で本日のブログはくそ真面目!
写真も撮り忘れてゲーム最中の様子(ものすごく不満)。
まぁ、たまには良いでしょう…。
こんな日もあります…。