実はね・・・

代表の遠藤です。

 

ちょこっとずつ、ヴァローはどんなチームなんだろうとか漠然と知りたいなーと思ってきている方が増えてきたような…。

 

来月で立ち上げてから1年になります。

立ち上げる時は紙とペンを持って、こんなチームにしたいとかこうするとか沢山書いて整理して「よし、これでやるぞ!」と一人で決め、知人友人からスカウトした時期なんです。

 

その中の1つ、ヴァロー行動理念は始めに考えました。その見本になるものがあります。

 

私は長年ディズニーランドで働いて、それなりの立場もやってました。

キャストはまずこれを叩き込まれます。

 

ディズニー行動理念『SCSE』

 

S《Safety》(安全)→ゲストにとって安全な場所、安らぎを感じる場所を作る。

C《Courtesy》(礼儀正しさ)→言葉使いや対応を示すのではなく、相手の立場に立って物事を考えて親しみやすいおもてなし。

S《Show》(ショー)→パークはあらゆるものがテーマショーであり、そこにいる全ての人がショーの一部。キャストは訪れるゲストの為に「毎日が初演」を忘れない。

E《Efficiency》(効率)→安全、礼儀正しさ、ショーを無視して効率を優先した所で、ゲストにハピネスを提供できない。上位3つが心がけ、チームワークを発揮することで効率を高める。

※パークは舞台、働く方はキャスト、お客はゲスト。

 

このSCSEはどんな仕事に就こうが、何かする時全てに役に立っています。

もちろん大まかに、ヴァローに当てはめて作っています。

 

S→ヴァロー全員にとって安全な場。それぞれの抱えている事柄もこのチームは「大丈夫」という対応。安心して練習や活動ができる所。

C→ソーシャルだろうが一般だろうが関係なく、相手の立場に立って一緒に考え誠心誠意な対応と、フランクに話せる関係。

S→上手いプレー、楽しむ笑顔、一生懸命な姿、勝ちにこだわる姿勢、を全員で魅せる。監督やコーチは指導に「毎回が初演」を忘れない。

E→フットサルチームなので、仲間へ信頼、応援へ感謝、向上心から繋がる戦術へのチームワーク。それらで関わる方、周りの方へピアカウンセリングになる。

 

いつもヘラヘラとゲラゲラと・・・している私ですが、この行動理念があってヴァロー運営や監督してました。

そこから細かく深く考えていく時期になったのかなーなんて思ってます。

 

そして、ウォルトディズニーは「ディズニーランドはいつまでも未完成。現状維持は後退。」

これってソーシャルフットボールでも言えるんじゃないかな??というか、自分自身のことも言えるね(笑)。

現在好調でもずっと続くということはない。周りも進化しているならば維持は遅れていることになる。

ヴァローは任意団体というかまだサークル的な団体。今やっている事は珍しいかもだけど、将来こんなチームが増えるのかもね。その時のヴァロー在り方を見据えて急ぎはしないが超ゆるく変化していくべきなのかな。

…なぁ~んて考えたりするんですー(笑)。

 

1年でこんなになるとは思ってもいなくて、ヴァローにいる皆様のおかげです!

そして、周りの応援があって活動出来ています!

 

さっ、これからも楽しんでやっていきましょー!!

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。